Yahoo! JAPAN

 

HP since Sept 2002

 

image003

since 1990

 

カンボジア王国開発貢献表彰/神奈川県ボランタリー活動奨励賞受賞/神奈川県相模原市社会福祉協議会表彰

 

特定非営利活動法人

インドシナ難民の明日を考える会 

Caring for Indochinese RefugeesCICR

CICRジャパン(東京・八王子/神奈川・相模原)/CICRカンボジア(カンボジア・プノンペン)

 

インドシナ難民の明日を考える会<CICR>の世界へようこそ

私たちは神奈川県相模原市、愛川町を中心に日本定住インドシナ(ベトナム・ラオス・カンボジア)難民への生活支援とインドシナ本国(主にカンボジア)で様々な困難に直面している方々への支援を行っています

 

 

永瀬一哉 新刊「ポル・ポトと三人の男」(揺籃社/2017年1月10日刊行)

ポル・ポト表紙2

 

CICR永瀬一哉代表、コン・サンロート副代表、2016//31、カンボジア・ラタナキリ州を再訪し判明

カンボジアの「ジャングル少女」、実はベトナムの少数民族/毎日新聞(2016/8/7

カンボジアの「ジャングル少女」、実はベトナムの少数民族/カンボジア国営テレビニュース(2016/8/2)/facebook

 

カンボジア歴史絵画伝承館<本館>の英語版 世界へ発信<Jul 2016 作成>

Cambodia Massacre Memorial MuseumMain Building

 

ポル・ポト政権下の虐殺を絵画で伝承する

カンボジア歴史絵画伝承館<本館>facebookへどうぞ

 

「本館」関連の情報を載せる

カンボジア歴史絵画伝承館<別館>facebookへどうぞ

 

カンボジア・インドシナ情報発信

永瀬一哉 NAGASE Kazuya コミュニティー(facebookへどうぞ

 

*****

 

《カンボジア支援チャリティーコンサート・・・御報告》

神奈川県民の井戸」と名付けた十五基完成。ありがとうございました。

2015年8月2日、僧侶による贈呈式挙行。

毎日新聞

神奈川新聞

*****

カンボジア支援チャリティーコンサート

相模原市はじめ神奈川県内各地から、また東京都から、本当に多くの御来場と御支援を賜わり、ありがとうございました。

お蔭様で盛会にて終えることができました。ご助力頂いた皆様方に厚く御礼申し上げます。

 相模原総合高校吹奏楽部、同キアオラ部、インドシナ難民の明日を考える会

カンボジア支援チャリティーコンサート

☆日時:2月11日(水・祝)、14時〜16時<開場1330分>

☆会場:サン・エールさがみはら(JR横浜線橋本駅下車徒歩十分)

☆入場無料/募金に御協力を

☆内容:CICR代表永瀬一哉の「カンボジア支援トーク」 & 相模原総合高校吹奏楽部演奏〔日本昔話/カーペンターズ/千と千尋の神隠し/丘の上のレイラ〕

☆カンボジア物産〔織物、クロマー、スカーフ、カバン、アクセサリー等々〕販売

★主催:相模原総合高校吹奏楽部・相模原総合高校キアオラ部(福祉部)

★共催:インドシナ難民の明日を考える会(CICR

 

報道:毎日新聞T  毎日新聞U 毎日新聞横浜支局ツイッター 神奈川新聞 朝日新聞

 

 

《南インドの旅》「ブリハデーシュヴァラ寺院をご存知ですか」〔副代表関根秋雄〕

 

《井戸完成》栃木県野木町国際交流協会 カンボジア井戸支援〔副代表関根秋雄〕

                        感謝の言葉〔代表永瀬一哉〕

《やっとできました》「カンボジア歴史伝承絵画資料館」完成 

ポル・ポト政権、虐殺伝承館 協力依頼

読売新聞

朝日新聞(デジタル)

朝日新聞

神奈川新聞

アゴラ「カンボジアに『虐殺伝承館』を造ろうとしている話」

 

 

《ちと考えよう》カンボジア国道一号線改修計画/日本のoda

外務省hp  メコンウォッチ

《ちと考えよう》カンボジアのデモ

KHMER-NEWS.Org

 

《終了》神奈川県立相模原総合高校市民公開講座「カンボジア入門」

<阿部祐里さん>

相模原総合高校の社会科大教師である永瀬一哉先生の講義を受けてきました。高校時代にお世話になった先生・・・(続きはこちら)

<石井綾花さん>

カンボジアを通して自分の知らない事がまだまだ沢山あるんだと実感した! 世界っていつの時代になっても・・・(続きはこちら)

 

 

 

自己紹介

 

 

活動リポート

 

 

インフォメーション

 

 

― ― ― ― ― ―

 

 

中古ノートパソコンのご提供を

 

 

<終了>

「2012夏 カンボジアを知る11日間の旅」(主催 風の旅行社 企画 CICR)  中大生の感想

神奈川県立相模原総合高校 市民公開講座 「カンボジア入門 2013」 

CICR公募写真展「異文化との出会い」

「異文化との出会い」(相模経済新聞)

<終了>

相模原商工会議所女性会サポート

 

― ― ― ― ― ―

 

 

CICR会員・会友 主な著書・随筆・DVD・CD

 

<CICR活動報告>DVD「オークン」

 

<DVD>「それでも私は生きてゆく」(鈴木伊織監督)−ベトナム枯れ葉剤被害児童追跡記録2008

 

 

― ― ― ― ― ―

 

 

<読売新聞>手作り」の日本語指導・インドシナ難民の明日を考える会(読売新聞)

 

私にできること−クリキンディのこと−CICRのこと

 

犬が吠えた

 

お祖父さんと、初めて、呼ばれて

 

 

― ― ― ― ― ―

 

 

asianbeat(藤江麻衣子会員)

 

 

colourists

 

 

テラマール|五島にて土、海、母とともに暮らす(本会代表永瀬の知人が東京から長崎県五島、福江島に戻りました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CICRサポーター募集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

41r0QVEw9WL__SL500_AA300_

アマゾン「東洋史」部門第一位(2012/09/30 & 12/22 & 2013/3/23

本会代表 永瀬一哉著 同時代社

『クメール・ルージュの跡を追う ―ジャングルに隠れたポル・ポト秘密司令部―』

 

1979年から1985年まで

カンボジア、タイ国境付近に密かに設置されていた「ふたつ」の「一三一局」

所在地不明だったポル・ポト秘密司令部に外国人として初めて足を踏み入れた渾身の調査記録

 

 

永瀬一哉の本

 

 

 

 

 

東京新聞毎日新聞季刊アゴラ(書評)京都大学経済学研究科東アジア経済研究センター・ニュースレター

 

 

CICR特別販価(送料無料)\1200〔定価は\1575

ご注文はeメール 「住所」「氏名」をご記入ください

 

 

本会副代表 関根秋雄(中央大学講師) 地歴社刊

『世界史授業シナリオ 黒板を大劇場に変身させるmpメソッド』

 

関根秋雄の本

 

関根秋雄副代表「栃木県野木町・大人のための世界史講座」

 

 

 

アマゾン「東洋史」部門第一位(2012/06/20 & 10/16 & 12/22

永瀬一哉著 アドバンテージサーバー

『気が付けば国境、ポル・ポト、秘密基地 ―ポル・ポト派地下放送アナウンサーの半生―』

 

政権崩壊後のポル・ポト派がカンボジア・タイ国境のジャングルに置いた秘密基地。そこに設置された反政府ラジオ放送局。そのアナウンサーだったコン・デュオンの波瀾万丈の半生を描く。世界初公表の事実も満載

 

神奈川新聞毎日新聞読売新聞朝日新聞東京新聞

 

 

CICR特別販価(送料無料)\1000〔定価は\1365

ご注文はeメール 「住所」「氏名」をご記入ください

 

 

 

植村博 奨学金

 

 

 

 

 

カンボジア老人ホーム

 

 

 

2012年8月、CICRはカンボジア・シエムリアップ州の地方村に井戸を七基寄贈しました

「村を代表してご挨拶申し上げます。当村では現在,「きれいな水の不足」、「健康衛生問題」を抱えています。しかし、CICRのご支援によって問題はかなり解消されました。きれいな水は村民のためだけではなく、村を通る人々にも貴重なものです。井戸は永遠に残らないかもしれませんが、きれいな水は私たちの体内に入り、永遠に私たちの子孫に受け継がれていくでしょう。CICRの皆様に感謝申し上げます」《井戸寄贈式典での村長挨拶》

 

カンボジアに井戸をプレゼント 寄贈者募集中

 

npo法人家庭科教育研究者連盟「家庭科研究」連載

「カンボジアを旅して」 谷萩礼子 

「カンボジアに井戸を掘る」 関根秋雄

 

 

2011、CICRスタディー&ボランティアツアー

「カンボジアを旅して」谷萩礼子

〔1〕アンコール遺跡群   〔2〕カンボジアの水   〔3〕カンボジアの染めと織

npo法人家庭科教育研究者連盟「家庭科研究」連載

 

 

本会に人探しのメールが届いた。昔神奈川県相模原市に住んでいたあるカンボジア難民家族を探していると言う。

メールの主は日本人。かつて交流があったが、音信が途絶えた。その方は現在、他県在住。探しに行きたいのだが、事情があって行けない。関係団体に尋ねているが見付からない。御存知ないかとの趣旨である。

その家族は知っている。本会初期の活動で支援した。しかし、当方も今は交流がない。その後を誰なら分かるだろう。しばし思案し、一人のカンボジア難民青年にメールした。彼からすぐに返事が来た。「ちょっと待って下さい。探します」。

翌日、あっさり分かった。思った以上に早かった。ご依頼の方からは随分感謝された。本会も二〇年以上の活動となる。だが、こうしたことで感謝されたのは初めてではなかろうか。思い返しても浮かばない。過分のお言葉を頂いた分、こちらも嬉しくなった。何だかすごく良いことをしたようで、さわやかになった。

 

お問い合せ

 

 

 

本会に関する情報の無断転用、ならびに、本会名称の無断使用をお断りします

©インドシナ難民の明日を考える会